池澤春菜さんのオススメ本紹介2「2018年ベスト小説編」/ 推しポッドキャスト紹介

いちど聴いたら、たちまちその本が欲しくて堪らなくなること間違いなしのプレゼンです。

2018年12月のアフター6ジャンクション(TBSラジオ)にて、声優でエッセイストの池澤春菜さんが2度目の登場。この回は「今年(2018年)のベスト小説」をテーマに本を紹介しています。

初出演のまとめはこちらから。

【アトロク】池澤春菜さんによるオススメ本紹介1「初出演編」〈おすすめラジオトピック〉

おすすめラジオトピックについて

「おすすめラジオトピック」では各種ポッドキャストサービスで聴きなおせるラジオ番組を紹介しています。聴きなおせるサービスやリンクを記載しているので記事だけでなく、ぜひ放送内容を確認してみてくださいね。

関連記事:情報の宝庫!ラジオクラウドをフル活用して教養や見識を広げよう

池澤春菜さんによるオススメ本紹介2「2018年ベスト小説編」

番組名 アフター6ジャンクション
放送局 TBSラジオ
放送日 2018年12月11日
タイトル 【アーカイブ】アフター6ジャンクション カルチャートーク:池澤春菜さん(今年のベスト小説)
時間 約17分
URL [ラジオクラウドURL]https://nhsw9.app.goo.gl/7q8SspQosxf9ct3q8

紹介された本と、コメントの要約

「IQ」(ジョー・イデ)

created by Rinker
¥1,049
(2022/09/26 18:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

書名 IQ
シリーズ ハヤカワ・ミステリ文庫
著者 ジョー・イデ
出版社 早川書房
本体価格 1,060円+税
商品コード 978-4-15-183451-6

ロサンゼルスに住む黒人青年アイゼイアは“IQ”と呼ばれる探偵だ。ある事情から大金が必要になった彼は腐れ縁の相棒の口利きで大物ラッパーから仕事を請け負うことに。だがそれは「謎の巨犬を使う殺し屋を探し出せ」という異様なものだった!奇妙な事件の謎を全力で追うIQ。そんな彼が探偵として生きる契機となった凄絶な過去とは―。新たなる“シャーロック・ホームズ”の誕生と活躍を描く、新人賞三冠受賞作!
-内容(「BOOK」データベースより)

放送時の要約

この本はミステリー小説。ミステリーは”謎”の面白さもさることながら、探偵にどれだけ魅力があるかも重要。

本書の主人公はアイゼイア・クィンターベイ、頭文字をとってIQと呼ばれている。彼はアフリカ系アメリカ人で、ある贖罪のために周りの人を助け始める。それが評判を呼び、ある黒人有名ラッパーの暗殺未遂事件に関わることになる、というのがあらすじ。

IQはとても怜悧(れいり)で、冷静で、論理的。だけどちょっとお人よしなところが良い。

著者のジョー・イデさんは日系アメリカ人。書いている内容は黒人コミュニティそのもの。なぜなら著者も貧しい家の出身で、黒人コミュニティの中で暮らしている、だから魂を持っている。書いていることに嘘が無く、生き生きとした人々の生活が描かれている。

「アイアマンガー3部作」(エドワード・ケアリー)

¥2,750
(2022/09/27 07:04:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。