池澤春菜さんのオススメ本紹介9「大魔法使いクレストマンシー」/ 推しポッドキャスト紹介

今回は池澤春菜さんが生涯で一番好きな作家のシリーズの紹介です。

池澤春菜さんがTBSラジオの番組「アフター6ジャンクション」に出演した回の音声アーカイブを紹介。2020年11月3日の登場回ではダイアナ・ウィン・ジョーンズのシリーズを紹介しています。

過去の池澤春菜さんの出演回については、以下の記事まとめています。

【ラジオ出演回まとめ】聴けば本を読みたくなる!池澤春菜さんの書評回をまとめました / 推しポッドキャスト紹介

池澤春菜さんのオススメ本紹介9「クレストマンシーシリーズ」〈おすすめラジオトピック〉

タイトル池澤春菜さん(アトロク 秋の推薦図書月間)
番組名アフター6ジャンクション
放送局TBSラジオ
放送日2020年11月3日(火)
時間23分
放送アーカイブSpotify、ラジオクラウド、他

出演者

レギュラーパーソナリティ・ライムスター宇多丸(メインパーソナリティ)
・宇垣美里(曜日パートナー)
特集ゲスト池澤春菜(声優、歌手、エッセイスト、日本SF作家クラブ第20代会長)

2020年11月は「アトロク秋の推薦図書月間」と称し、毎日ゲストを招いてオススメの1冊を紹介してもらう特集を実施。11月3日はその特集の2日目、池澤春菜さんがゲストに招かれました。

created by Rinker
¥1,870 (2021/10/19 17:42:52時点 Amazon調べ-詳細)
書名魔女と暮らせば
著者ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 著 / 田中薫子 訳
出版社徳間書店
本体価格本体1,700円+税
商品コード978-4-19-861461-4

イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズによるシリーズ。1997年に第一作「大魔法使いクレストマンシー 魔女と暮らせば」を発行。シリーズ全7巻。異世界を舞台にしたファンタジーで、同時に複数の世界が存在する平衡世界が物語の舞台。

放送内容の要約

池澤さんによるダイアナ・ウィン・ジョーンズの紹介

池澤春菜さんが生涯で一番好きな作家は誰かと問われたら「ダイアナ・ウィン・ジョーンズ」を挙げる。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの短編集「魔法?魔法!」(文庫版)の解説を書いた際、自らを追い込みすぎて、書き終えたあと熱を出して寝込んだ。それだけ好きな作家。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズはイギリスの宝、英国ファンタジーの女王とも称されている唯一無二の作家。彼女自身、用語集を出版するほどファンタジーには精通しているが、その上でパターンを全てぶち壊す物語を書く。日本では「ハウルの動く城」の著者として有名。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの書くキャラクターは”個性的”だけでは表せないほどぶっ飛んだキャラクターを書く。特に、いじわるな登場人物を書くのがうまい。

クレストマンシーシリーズの紹介

クレストマンシーシリーズは、12の系統×9つの世界が物語の舞台。系統が近ければ近いほど世界の形は似ているということになる。私たちがいる世界(※現実の世界)は第12世界の世界Bでクレストマンシーのいる世界は第12世界の世界A。つまり、夢の中で一個曲がり角を曲がったら、私たちは魔法の使える世界に行けるということ。

「クレストマンシー」は人の名前ではなく、役職の名前。9つの世界に9人の分身がいて世界の誰よりも強い魔法の力を持つ。クレストマンシーという役職について平衡世界の監査をしている。

全7作のどこから読むのがオススメか

シリーズものだけど、どこから読んでも大丈夫。その中でオススメなのは第4作目の「魔法使いは誰だ」。12×9の平衡世界やクレストマンシーという役職など、少し複雑な世界観を理解するのに最適。

「クリストファーの魔法の旅」はクレストマンシーの少年時代を書いた物語。「トニーノの歌う魔法」もオススメ。華やかで、歌によってストーリーが進んでいく。たくさんのかわいい猫たちが登場する物語。ただし、敵が使う魔法が恐ろしい。

放送内容の補足

・「魔法?魔法!」(徳間書店)

池澤春菜さんが解説を寄せたダイアナ・ウィン・ジョーンズの短編集。15作の短編はちょっと不思議な話から王道のファンタジーにSFまで多種多様。「ファンタジーのパターンをぶち壊す」の意味がよく分かる1冊です。

また、このエピソードで語られた”意地悪なおばさん”は本書「ビー伯母さんとお出かけ」のキャラクターを指していると思われます。

・「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」(東洋書林)

ここまでで語られたもう1つの著作。ファンタジー世界の「観光ガイド」、という形式で書かれた本。
日本語版は既に絶版。現在は古本でしか手に入れられずプレミア価格が付いている模様。手に取ってみたかったのですが、残念です。

・放送内でオススメされていたシリーズ作品

created by Rinker
徳間書店/スタジオジブリ事業本部
created by Rinker
徳間書店/スタジオジブリ事業本部
¥1,870 (2021/10/19 17:42:54時点 Amazon調べ-詳細)

「魔法使いは誰だ」はシリーズの最初の1冊としてオススメされていた本。そのほか、「クリストファーと魔法の旅」「トニーノの歌う魔法」も放送内で触れられていました。

まとめ

この放送ではイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「クレストマンシーシリーズ」を紹介。池澤春菜さんが一番好きな作家、というだけあり熱の入った紹介でした。ここで紹介した内容は放送の一端。

・「魔法?魔法!」の解説を書いて寝込んだエピソードの詳細
・本シリーズは宇垣美里さんも愛読していた話
・クレストマンシーの服飾と宇垣美里さんの共通点

などなど。実際の放送を聴くと、よりシリーズの魅力が伝わるプレゼンとなっています。
気になった方は、実際の放送内容をチェックしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です