【書評】世界最高の話し方(東洋経済新報社)/ エグゼクティブコーチ直伝!まるで「話し方の見本市」のような1冊

ビジネスシーンでの話し方の全部が分かる本です。

今回は様々な場面ごとの話し方のコツについて解説した「世界最高の話し方」(東洋経済新報社)の書評です。

【書評】世界最高の話し方(東洋経済新報社)

商品名 世界最高の話し方
著者 岡本純子
出版社 東洋経済新報社
本体価格 1,400円+税
編集者 中里有吾
商品コード 978-4-492-04677-7

1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた「伝説の家庭教師」の全メソッドが、初めて書籍化!完全初公開!

エグゼクティブコーチによる話し方メソッド

「世界最高の話し方」はプロのエグゼクティブコーチが「話し方」について解説した本です。

著者の岡本純子さんは新聞記者を経て、イギリスとアメリカに留学。コミュニケーションに関する学術的知識を学びます。

現在は、経営者や官僚といったエリートを対象とした「プレゼンやスピーチのコーチング」を生業とする会社を経営。独自の「話し方メソッド」を伝授しています。

本書は科学的知見を学び、1000人以上の経営者に「話し方」を伝授してきた著者のノウハウを体系化。シーン別に話し方メソッドをまとめて紹介しています。

「話し方の見本市」のような本

本書はまるで「話し方の見本市」のような本。まずは目次を参照してみましょう。

第1章 あっという間に絆が生まれる!──話がうまい人の「もっと話したい!」と思わせる雑談・会話のルール
第2章「モチベーションの魔術師」になれ!──やる気をかきたてるほめ方・叱り方のルール
第3章 誰もがうなずき、納得し、感心する!──頭がいい人のシンプルクリアな説明のルール
第4章 相手の心をがっちり掴む!──「ついていきたい」と思わせる人の共感される話し方のルール
第5章 みるみるうちに「人が動く」!──できる人の超「エモロジカル」な説得のルール
第6章 緊張ゼロ! 満足度100%!──聴衆を魅了する超一流のプレゼンのルール
第7章 誰もがあなたの熱狂的なファンになる!──カリスマリーダーの魅せ方のルール
特別付録1プレゼンの「3密」スライドは、「5つの方法」で、徹底的にぜい肉を落とす
特別付録2信頼の基本は「あいうえおの法則」

-「世界最高の話し方」目次より引用

まさに、雑談からコーチング、プレゼンテーションまで、あらゆるビジネスシーンに対応しています。

本書に掲載されているルールは50種類にも及びます。また、それだけでなく解説が具体的で分かりやすいのも良い点。

例として、ルール3『二流ほど「口」を動かし、一流は「目と耳」を動かす』(P48)の内容の一部を紹介します。これは、相手に話してもらうかを意識することが、結果として会話が弾むことに繋がる、という趣旨のルール。具体的な話し方の紹介とともに「お金をもらうよりも、自分のことを話す人が多い」という実験結果や、孫正義氏は「決してすぐにノーと言わない」といった実例も交えて紹介しています。

このように本書は科学的知見と実際の事例、2つの視点から解説。こうした内容が書けるのは著者ならではと言えます。

「話し方ルール多すぎ問題」への対処法

話し方ルール多すぎ問題…。

本書のメリットでもあり同時にデメリットでもあるのがこの問題。本書に記載されているルールはどれも参考にしたいものばかり。ですが、50種類ものルールを使いこなすのは無理がありますし、どれから実践すべきか迷ってしまいますよね。

そこで、私は「いま、自分に必要な話し方」に絞って実践する対処法をオススメします。ある時は部下への接し方で悩み、またある時はプレゼンでの話し方に悩む。その時々によって自身が必要とするスキルは異なりますよね。本書に記載されている50種類のルールの中にはあなたの悩みに対応するルールがきっと見つかります。

また、各ルールに共通するのは「相手目線に立ったコミュニケーションが重要」という点。これさえ覚えておけばブレることなく本書内容を実践できるはずです。

まとめ

本書のポイント

・【科学的知見 × 実地経験】をもとにした「話し方メソッド」を体系化
・シーン別に50種類のルールを解説した「話し方の見本市」のような本
・「いま、自分に必要な話し方」に絞っての実践がオススメ

「世界最高の話し方」はビジネスシーンで使える「話し方」のメソッドがギュッ!と一冊に詰まった本。雑談、ほめ方叱り方、プレゼンに声やしぐさ等、様々な場面に対応しています。

話し方、コミュニケーションに関するあなたの悩みを解決するきっかけとなる一冊となるはず。

気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です