新しい音楽に出会える!ラジオ番組「アフター6ジャンクション」内の日替わり生ライブコーナーが凄すぎるのでみんなに聴いてほしい

毎日生の音楽ライブを聴くことができる!こんな夢のようなことが実際にあることをご存知でしょうか。

今回は音楽好きの人なら絶対にチェックしておきたい「LIVE&DIRECT」とその魅力についてお伝えします。

「LIVE&DIRECT」とは何か

「LIVE&DIRECT」はTBSラジオ「アフター6ジャンクション」という番組内のコーナーの一つです。

月曜日~金曜日の毎日19:00からミュージシャンによる演奏、またはDJによるミックスプレイが楽しめます。演奏時間は25分~30分程度。構えず気軽に聴くことができるのも良いところです。

いま最高に面白いラジオ番組「アフター6ジャンクション」をとにかく推したい

↑アフター6ジャンクションの詳細記事です

ラジオブースとは思えない音の良さ

ラジオ番組でのライブというとアコースティックでの演奏だったり、音質は期待薄…となる場合が多いかと思います。が、このLIVE&DIRECTは一味違います。

パーソナリティの宇多丸さん曰く「スタッフがめちゃくちゃ気合い入っている」とのこと。言葉どおりアンプラグドだけでなく、時にはフルバンドセットをブース内に持ち込むことも!

また、放送される音も良いのです。ラジオブースで演奏しているとは思えないクオリティ。ここのライブ音源をそのままリリースするミュージシャンがいることも、音響の良さを証明していると言えるでしょう。

多彩な音楽ジャンルに触れることができる

出演するミュージシャンに極端な偏りが無いのも特徴の一つです。
アイドル、ロックバンドにジャズシンガー、もちろんヒップホップも。
とにかくジャンルにとらわれず多彩な音楽に触れることができます。

音楽を聴いているとどうしてもジャンルが偏ってしまうもの。新しいジャンルを開拓したい人にぜひオススメしたいです。

また、時には海外ミュージシャンが出演することもあります。
2018年には「ATCQ」のアリ・シャヒードさんが普通に出演していて驚きました。

世界的ヒップホップ・レジェンド「ATCQ」のアリ・シャヒードと宇多丸の邂逅【The Midnight Hour】

ミュージシャンの実力がわかる

私は生ライブの最大は利点がここだと思っています。
CD、ストリーミングで聴く音源は気に入ってもライブだとイマイチ…という経験がある人もいるはず。

しつこくなりますが、LIVE&DIRECTは毎日生のスタジオライブを行う企画。
それゆえ、出演ミュージシャンの本当の実力がその場でわかってしまうのです。

まとめ

邦楽好き、音楽好きには必ずチェックしてほしい「LIVE&DIRECT」。毎日ここまでのレベルで生ライブをやっている番組はまず無いと断言できます。

私はこのコーナーのおかげでチェックするミュージシャンやバンドが一気に増えてしまいました。もはや平日の楽しみの一つとなっています。

まずはRadikoのタイムフリー機能でここ1週間の音楽ライブをチェックしてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの琴線に刺さるミュージシャンに出会えるはず。

また、「LIVE&DIRECT」コーナーをやっているラジオ「アフター6ジャンクション」は様々なカルチャーを知ることができる(個人的)神番組。

これを機に番組自体にも興味をもってもらえれば嬉しい限りです。

関連リンク

 

Radikoホームページ(タイムフリー)
平日月~金、18:00-21:00に放送中。LIVE&DIRECTを聴くなら19:00-の放送をチェック。

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」ホームページ

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」LIVE&DIRECTアーカイブページ
ライブ演奏は聴けませんが、過去の出演アーティスト情報をチェックできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です