【初級編】ラップバトルでよく使われるヒップホップ用語の意味と使い方

hiphop

レペゼン、フロウ…ヒップホップでは多くの専門用語があります。
フリースタイルダンジョンを始めとしたラップバトルの場でもよく使われていますよね。
今回はその中でこれだけ覚えておけばOK!なヒップホップ用語を紹介します。

created by Rinker
¥1,760 (2019/10/22 00:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

はじめに知っておきたいヒップホップ用語

ライム

を意味する言葉。押韻、ライミングとも言います。
英語ではrhyme.

ラップバトルでは押韻は最も重要な要素の一つです。
しかし、意識しすぎて余計な単語を踏んでしまい言葉の筋がブレる場面も多々見られます。

バトルでの用例
・安い韻ばっか踏んでるんじゃねぇ。
・ライム至上主義。

フロウ

ビート(音楽)に言葉をうまく乗せる歌いまわしを指します。

英語ではFlow.
直訳だと「流れ」「流動」という意味。

バトルでの用例
・お前じゃこのフロウには乗れない。
・こんなフロウも適当にできる。

バイブス

ヒップホップでは情熱、雰囲気、ときには説得力、といった意味で使われます。
元の単語であるVibeはネット辞書weblioでは「本能的に経験される特有の感情的な雰囲気」とのこと。

バイブスは様々な解釈ができるヒップホップ用語です。
上がる、下がる、熱くなる、ときには伸びる…その時々で使われ方が様々です。

バトルでの用例
・もっとバイブス上げてこいよ!
・痛快に伸び切った俺のバイブスが呑み込んだ。(鎮座DOPENESS)

パンチライン

ヒップホップではいわゆる決め言葉相手の核心を突く言葉、を意味します。

英語ではPunch line.
本来は「小話のオチ」を意味する言葉のようです。
バトル中にパンチラインという単語自体を使うことはあまりないようです。

一例
・これがボクシングならありえねぇ。言葉のウェイトに差がありすぎる。
(呂布カルマ)

レペゼン

何かを代表する背負っている、といった意味になります。

英語ではrepresent.
直訳だと「代表」という意味。
「レペゼン(地名)」と言えばその地名を代表してきているぜ!という表明になります。
バトル中だけでなく、自己紹介の際に使われることもあります。

用例
・レペゼン(地名)。
・お前が〇〇をレペゼンするなんて10年早い。

初めに知っておきたいヒップホップ用語のまとめ

バトルでは「ライム」「フロウ」「バイブス」の3つの要素が特に重要です。
バランスタイプのMCもいれば、3つの内どれか一つのスキルに特化したMCもいます。

それ以外ではバトル中の決め台詞「パンチライン」。何かの地域を代表してきているといった意味の「レペゼン」も良く出る用語のひとつです。




上記以外に知っておきたいヒップホップ用語

上記以外にもまだまだ多くのヒップホップ用語があります。
このあたりも知っていればよりラップバトルを楽しめると思いますよ。

★関連記事

【初心者向け】日本語ラップの歌詞で良く出てくる単語を解説してみた

a.k.a

ニックネームまたの名は~といった意味です。

英語のalso known as.
それを略してa.k.aと使われるようになりました。

用例
・漢 a.k.a GAMI
・MC☆ニガリ a.k.a. 赤い稲妻

アンサー

バトルの中で相手の発言に答えることです。

英語ではanser.
相手の発言を受けてしっかりとアンサーを返す。これを即興でできるMCは本当に凄いです。

用例
・お前はさっきから全然アンサー返せてないぞ

イル

キテるやつやばいやつといった意味です。
相手ではなく、自分に対する言葉として使われる場面が多い。
また、二文字のため非常に踏みやすい用語でもあります。

英語ではill.直訳では病気。

用例
・illなスキルでお前をKill




サンプリング

過去の名曲の歌詞、以前のバトルの盛り上がるところを抜き出して引用すること。
観客の知識が乏しいと気づかれず(上がらず)に流されることもある。

英語ではsampling.「見本抽出」といった意味。

プロップス

ファンの支持を得ているかという意味。ラップで収入等を得ている、ラップで食えているか、といった意味でも使われます。

英語ではprops.小道具や支柱、支えといった意味。

マイメン

親友友人という意味。
用語の通り友人やラッパー仲間のことを指して使われます。

ワック

wack.
ダサい下手くそ偽物といった意味で使われる。
主にバトル相手を揶揄するときに使われます。

元の用語はWack.直訳では奇人、変人と訳せます。

バトルでの用例
・こいつはマジでワックMC

ワナビー

Wannabe.
したがりなりたがりという意味。
青臭い若者、技術が伴っていない雰囲気だけ出してるラッパーに対して使われます。




まとめ

普段はあまり聞きなれないヒップホップ用語。ですが、意味を知ることでMCバトルをより楽しめるようになります。
これらの用語を覚えたあとにお気に入りのバトル動画を見てみてはいかがでしょうか。また違った魅力が発見できるかもしれませんよ。

ちなみに、MCバトルからヒップホップの音源にハマった人は以下の書籍が入門としておすすめです。

ヒップホップの歴史を最速で学べる教科書が出てしまった/『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』

↑アメリカと日本語ラップを並行して学べる良書です。

レペゼン少女漫画!?日本語ラップに入門するなら「日ポン語ラップの美-子ちゃん」はマストバイ!

↑日本語ラップをさらに深掘りしたい人にオススメ。

また、MCバトルにハマると自分でもラップがしたくなってくるんですよね。
そんな人には以下の記事も参考にしてみてください。

初心者におすすめ!フリースタイルラップがうまくなるための練習方法

ラップ好きは全員必読!「ジブラの日本語ラップメソッド」書評

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です