ガス屋の窓口は怪しい?実際に利用した私がリアルな評判やメリットを紹介します!!

実際の利用者目線から「ガス屋の窓口」の実態について徹底解説します。

適正価格のガス会社を紹介してくれる「ガス屋の窓口」。私はこのサービスを利用してプロパンガス会社を変更しました。

結論から言うと、私の事例では年間3万円ものガス料金の節約に成功しました。とはいえ、ネット「ガス屋の窓口」で検索すると「ガス屋の窓口 悪質」「ガス屋の窓口 詐欺」なんて検索予測があり、不安も感じたのも事実。

ということで、ここでは「ガス屋の窓口」を実際に利用した私がメリットや利用手順を徹底的に解説します。

ガス屋の窓口は気になるけれど、利用するのはちょっと不安…。

そんな人はこの記事をぜひ参考にしてみてください。

いま、プロパンガスの変更をするべき理由

2022年の現在、原油価格は以前よりも高い水準で推移しています。その影響もあり、ここ数年でガス会社から値上げの連絡があったご家庭も多いのではないでしょうか。世界的に原油価格が上昇しているのは事実ですが、ここで気を付けたいのはその値上げ幅は本当に適正なのか、という点です。

ガス会社にとっては原油価格高騰はピンチでもあり同時にチャンスでもあります。なぜなら適正な値上げ額は消費者は分かりませんし、仮に原油価格が下がったとしても、ガス会社みずから消費者に値下げを提案することは稀だからです。

こうした状況だからこそガス会社の見直しをする価値があるのです。何となくガス会社からの値上げに応じてしまった方は、きっとこの記事が参考になるはずです。

参考 世界銀行の価格見通し、2022年のエネルギーは前年比増、非エネルギーは同減JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ)

ガス屋の窓口の実態は?実際の利用者が徹底的に解説します

1.ガス屋の窓口について

サービス名プロパンガス料金案内 ガス屋の窓口
運営会社株式会社エネジスタ
概要プロパンガス取扱業

ガス屋の窓口は「株式会社エネジスタ」が運営しているサイト。企業サイトにも記載がありますが、消費者のプロパンガス料金の削減をサポートする業務を主な仕事としている会社です。

1-1.業界トップクラスの乗り換え実績

「ガス屋の窓口」経由でのプロパンガス乗り換え実績はなんと100,000世帯以上!業界トップクラスの実績を持っています。

・今のガス料金をもっと安くしたい
・そもそも自分の払っているガス料金が適正化かわからない
・ガス会社を乗り換えたいけれど、できるだけ手間は掛けたくない

こうした私たちの悩みに答えてくれるのが「ガス屋の窓口」なのです。

↓ガス屋の窓口のHPはこちらからどうぞ↓

プロパンガスの料金案内 ガス屋の窓口

1-2.私が「ガス屋の窓口」を利用したきっかけ

ここで少しだけ、私がガス屋の窓口を利用した理由について説明します。

突然ですが、あなたは現在契約しているガスの重量単価がいくらか即答できるでしょうか?

…意外と答えられない方が多いのではないでしょうか。そういう私も、以前はガス料金は請求書で大まかな金額を確認するだけでした。しかしある月、ガス料金が目に見えて高くなる事態が起こったのです。

何かの間違いかと思いガス会社に連絡。しかし担当の人からは「事前に値上げのお知らせを送った」とのことで、以前の料金に戻ることはありませんでした。この事例と同様に「来月から値上げします」といった案内のみで値上げされてしまった方もいるんじゃないでしょうか。

その後に調べたところ「プロパンガス料金はガス会社毎に異なる」ことが分かり、乗り換えについて調べたところ「ガス屋の窓口」にたどり着いたというわけです。

適正なガス料金について

私がガス屋の窓口を利用した時のプロパンガスの従量単価は680円。

「ガス屋の窓口」の担当者さんから「それ、適正価格から倍以上の単価ですよ」聞き、とても驚きました。私が知らなかっただけで、高額のガス料金を支払っていたのです。

ちなみに「ガス屋の窓口」では自動料金診断サービスがあります。ガス料金の支払い明細があれば、その場ですぐに確認できるので、一度は試してみるのがオススメです(電話をする必要もありませんよ)。

ガス屋の窓口の自動料金診断サービスへ

2.ガス屋の窓口を利用するメリット

(ガス屋の窓口ホームページより)

ここでは「ガス屋の窓口」を利用してガス会社を乗り換えるメリットについて紹介します。

2-1.地域最安料金のガス会社を紹介してくれる

「ガス屋の窓口」は地域最安料金のガス会社を紹介してくれるのが最大のメリット。

ガス料金は公共料金ではないため、携帯電話やインターネットプロバイダと同様に消費者自身がプロパンガス会社を選ぶことができます。

ただし、プロパンガス小売事業者はなんと全国に約17,000社(※)も存在しており、私たち消費者が適切な会社を選ぶことは難しいのが実態です。

しかし全国のガス会社とのネットワークを持つ「ガス屋の窓口」を利用すれば、簡単に地域最安料金のガス会社に乗り換えることが可能なのです

(※)経済産業省による調査によると、2021年の販売事業者は17,170社もあるそうです。

2-2.「ガス屋の窓口」は無料で利用できる

ガス屋の窓口のサービス利用に関して、消費者側の費用は一切不要相談から見積もり、ガス会社の変更といった手続きまで無料でサポートしてくれます。

というのも、ガス屋の窓口は紹介したガス会社から紹介料として収益を得ています。そのため私たち消費者は無料でサービスが利用できるというわけです。

2-3.料金保証制度がある

アフターフォローとして料金補償制度があるのも「ガス屋の窓口」を利用するメリットと言えます。

具体的には「永久料金監視保証」と「一年間返金保証」の2つの制度。

(ガス屋の窓口ホームページより)

 

せっかく適正価格のガス会社に乗り換えても、すぐに値上げをされたら困ってしまいますよね。乗り換えのサポートだけでなく、こうした手厚いアフターフォローがあるのは嬉しいポイントです。

2-4.ガス会社変更の手間が最小で済む

ガス会社の乗り換えの手間が掛からないのも「ガス屋の窓口」を利用するメリットです。ガス会社の選定から変更まで、手続きのほとんどをガス屋の窓口が代行してくれるのです。

私たち消費者の手続きはざっくりと説明すると以下の4つ。

1.ガス屋の窓口への問い合わせ(Web)
2.提案された内容を確認し、乗り換えをガス屋の窓口に依頼(電話)
3.新しいガス会社とのやり取り(対面)
4.申し込み書面を提出(対面 or 郵送)

その他、乗り換え先ガス会社の手配や現在のガス会社の解約といった面倒な手続きはガス屋の窓口が代行してくれます。

私が実際に乗り換えた際の実働時間は大体1時間~2時間くらい。それだけで年間何万円もの節約になるガス会社の変更は非常にコストパフォーマンスが高いと言えるのです。

お住まいが集合住宅の場合
集合住宅の場合は一部屋だけガス会社を変更することができません。ですので、大家さんの許可やマンション組合を通じて全部屋変更する必要がでてきます。 戸建ての場合と比べて多大な時間がかかったり、変更が難しい事例も出てくるようです。

3.実際に「ガス屋の窓口」を利用する手順

ここからは実際にガス屋の窓口を利用する手順を解説していきます。

ステップ1 ガス屋の窓口のHPで現在のガス料金を確認

まず初めにガス屋の窓口のホームページにある自動料金診断サービスを利用します。

最近の検針票(請求書)の中の項目を入力するだけで、今のガス料金が適正かどうかを調べることが可能。もしかしたら、あなたが払っていたガス料金は地域相場よりも高かった…なんて結果が出るかもしれません。ここまでは人と電話したりする必要がありませんので、まずは試してみましょう。

ガス屋の窓口で現在のガス料金を確認する

ステップ2 お問合せフォームに必要事項を入力

「無料相談フォーム」から必要事項を入力して送信します。もちろん、ステップ1を飛ばしてここから初めてもOKです。

↑無料相談フォームの画像サンプルです

入力項目が少し多いですができるだけ埋めて「送信する」ボタンをクリックします。フォームを送信した後は、ガス屋の窓口から入力した電話番号あてに連絡が来る、という流れになります。

フォームに様々な情報を入力するのって結構面倒です。それでも私はフォーム送信からの問い合わせを推奨しています。

なぜなら、「ガス屋の窓口」が送信内容から必要な情報を調べたうえで電話をしてくれるからです。ちょっと面倒でもフォームから送信をすることで、この後のガス屋の窓口とのやりとりが格段に楽になる、というわけです。また、

フォームを送信したあと、何時頃に電話が来るかわからないのが不安!

という人はご意見・ご要望欄に「〇〇時〇〇分~〇〇時〇〇分頃に連絡希望」と書いておけばOKです。

ガス屋の窓口 無料相談フォーム

直接電話をする際の注意点

当然ですが、ここでフォームから送信をせずにガス屋の窓口にいきなり電話してもOKです。しかし、「住んでいる地域」「現在のガス料金」「自宅の状況」等々…電話で伝える情報は非常にたくさん。その分、通話時間も長くなってしまう、という点については注意が必要です。

ステップ3 電話で説明を受け、変更先を検討する

フォームを送信後、折り返しの電話連絡にてガス屋の窓口と電話でやり取りをします。私の場合は以下のように具体的な説明をしてもらいました。

・いま払っているガス料金が適正かどうか
・ガス屋の窓口を使うことで、ガス料金が安くなりそうか
・住んでいる地域に紹介できそうなガス会社があるか

こうした情報や、変更後の具体的なガス料金について説明を受けます。

そして万が一、条件が合わないようであればここで断っても問題ありません。ガス会社を変更しても良いと判断したら紹介を受ける旨を返答すればOKですし、無理に変更を迫られることもありません。

ステップ4 新しいガス会社との契約

ステップ3まで済めば、あとは新しいガス会社と契約を結ぶ手続きに入ります。

ガス屋の窓口の電話をしてから一週間以内に、紹介されたガス会社が実際に自宅を訪問してきます。

ここで再度乗り換え後のガス料金についての説明を受け、問題がなければ契約となります。

MEMO
ガス会社を変更する際は以前契約していた会社への手続きをする必要はありません。 具体的には「前の会社への解約書類」と「新しい会社との契約書類」の2枚を記入して新しい会社の担当者に渡すだけ。 新しい会社が前の会社への連絡や事務手続きを代行するのが商習慣になっているようです。

ステップ5 プロパンガス会社変更完了・アフターサポートスタート

以上がガス屋の窓口を実際に利用するまでの手順です。ほとんどの手続きをガス屋の窓口が代行してくれますので、早ければ問い合わせから最短7日でガス会社の乗り換えが完了します。

ちなみにステップ3(Web申し込み~ガス屋の窓口とのやりとり完了)までは30分~1時間程度の時間があれば対応可能です。

プロパンガスの料金案内 ガス屋の窓口

4.ガス屋の窓口が悪質ってウワサは本当?

はじめにも書きましたが、「ガス屋の窓口」で検索すると「悪質」や「詐欺」なんてタイトルがあるサイトが見つかると思います。これらの多くが釣りタイトルだと思われますが、現在ガス屋の窓口の利用を検討している人にとっては気になるポイントだと思います。

ですので、ここでは私の実体験をもとにガス屋の窓口が安全だと思う理由について紹介します。

4-1.ガス屋の窓口を利用しても営業やDMは来ない

「ガス屋の窓口」を利用する際は個人情報(住所・TEL番号)を伝えることもあり、正直不安なところでした。

利用したあとも、ガス屋の窓口から営業やDMがきたりしないか心配…。

しかし実際はそんな心配はただの杞憂でした。実際に利用から2年以上経った現在も営業の電話やDMはただの一度も来ていません。

4-2.本当にすべてのサービスを無料で受けられる

「ガス屋の窓口」のサービスは無料で利用できて、追加料金等の請求もありません。

無料サービスのよくある手法として「実際に無料で作業を行ったあと、有料の商品や追加サービスを進めてくる」といった事例があります。

しかし「ガス屋の窓口」は紹介先のガス会社から紹介料を得るビジネスモデルを取っています。ですので、私たち消費者は無料で全てのサービスを受けることができるのです。

4-3.株式会社エネジスタの実績について

上でも書きましたが、「ガス屋の窓口」は株式会社エネジスタという企業が運営しているサービスです。

「ガス屋の窓口」のホームページ上でも堂々と社名を明かしていますし、そもそも「悪質」「詐欺」と書かれたサイトを見ても、その具体的な内容について書かれていません。

実際に利用した私の実体験やガス屋の窓口のビジネスモデルを鑑みて、悪質というのはただの噂に過ぎないと断言できます。

まとめ

思っていたよりも、ガス会社の乗り換えって思っていたよりも簡単にできるのです。

契約しているガス会社への解約などの面倒な手続きは「ガス屋の窓口」が代行してくれるので、ほとんど手間をかけずに乗り換えを完了することができます。

ガス料金も今のところ変わりがなく満足しています。逆にこのまま値上げに気が付かなければ年間約30,000円もの損をするところでした。正直ゾッとします…。

ですので、まずは現在のガス料金が適正かどうかだけでも確認してみるのが絶対にオススメですよ。

毎月の光熱費を節約したいと考えている人は「ガス屋の窓口」、利用してみる価値があるはず。ぜひチェックしてみてくださいね。

↓ガス屋の窓口のHPはこちらからどうぞ↓

プロパンガスの料金案内 ガス屋の窓口

★関連記事