【レビュー】光エステ ES-WP87(パナソニック)/ 30代男性にも効果あり?光脱毛器の実力を紹介

ムダ毛が濃くて困っている。

そんな30代男が実際に光脱毛を試してみました。

今回はパナソニックから発売している光美容器「光エステ ES-WP87」のレビューです。

関連記事

1.商品概要

1-1.商品の特徴

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥40,973 (2021/11/28 02:24:13時点 Amazon調べ-詳細)
商品名光美容器 光エステ<ボディ&フェイス用> ES-WP87
メーカーパナソニック
照射回数30万回
サイズ25.3cm × 7.9cm × 5.6cm
価格オープン価格
(市場価格4万円~5万円)

「光エステ ES-WP87」はパナソニックから発売している光脱毛器。美肌とムダ毛の両方にアプローチするIPL美肌フラッシュを採用しています。

本体と付属品の写真です

1-2.IPLフラッシュとは

「光エステ ES-WP87」が採用しているIPLフラッシュについて。IPLはインテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)の略で、キセノンランプを極短時間のみ発光させた光のこと。IPLは光が直接毛根にダメージを与えて毛を生えにくくする効果が期待できます。

そして、IPLは脱毛サロンは主流の脱毛方式。つまり、「光エステ ES-WP87」はサロンレベルのIPL脱毛を自宅で行える美容機器なのです。

1-3.使用方法

「光エステ ES-WP87」の方法は以下の手順で使用します。

  1. 使用箇所を素肌の状態にする
    ・メイクや日焼け止めを落とす
  2. 除毛する
    ・光脱毛の前は毛を短くしましょう
  3. 「光エステ ES-WP87」で光脱毛を行う
  4. 使用後はクールダウンを行う

また、機器本体の使用方法もいたってシンプル。機器を肌に押し当てると自動的にIPLフラッシュが光ります。照射ボタンを押す手間がないのは楽で使いやすいです。

2.「光エステ ES-WP87」を実際に使用して感じたメリット

ここからは「光エステ ES-WP87」を使って感じたメリットについて紹介していきます。

ちなみに私は濃いヒゲの脱毛を目的に本製品を手に取りました。詳細をついては別の記事もご覧下さい。

2-1.抑毛効果を実感できる

使えばきちんと効果を実感できる。当然と言えば当然ですが、効果を感じられるのが最大のメリットです。

わたしは全身に使っていますが、どの部位でも一定の効果を感じています。利用する中で特に効果を感じられたのは、手の指や腕、脚など。

定期的に使用することで、毛量の減少や毛が生え代わる間隔が以前よりも長くなった実感ができています。

指の毛にも脱毛の効果が見て取れます

この通り、指のムダ毛にも効果を発揮。敢えて生えっぱなしにしていますが、照射の効果の差は明確です。

IPLフラッシュは黒いメラニン色素に反応するため、濃くて太いムダ毛の処理に適しています。そのため実は「光エステ ES-WP87」、男性こそ効果を実感しやすい脱毛機器と言えるのです。

2-2.脱毛サロンと比べてコスパが良い

「光エステ ES-WP87」は脱毛サロンに通う場合と比べ、コストパフォーマンスが高い点もメリットです。

脱毛サロンを利用した場合、定期的に通う必要があり費用もそれなりに掛かります。脱毛する部位によりますが、1回の脱毛に数千円~1万円程度の費用が必要です。

一方で「光エステ ES-WP87」の実売価格はおよそ5万円程度。交換のカートリッジ不要で30万回照射できます。例えば1回あたり300回照射するとしたら1,000回使用でき、1回あたりのおよそ50円(50,000円÷1,000回)でエステレベルの脱毛ができるのです。

部位ごとの照射回数の目安

「30万回も照射できるのは分かったけれど、実際にどれだけ使えるんだろう?」

そんな疑問もあると思います。部位ごとの照射回数の目安を紹介します。

・脇 20回
・腕 60回
・手の甲・指 20回
・脚 130回
・顔・ヒゲなど 40回

「光エステ ES-WP87」マニュアル P10より引用

2-3.痛みや肌へのダメージを抑えて脱毛ができる

光脱毛は物理的に毛を抜かず肌に刃を当てないため、他の方式と比べ肌へのダメージが少ないメリットがあります。

毛根から抜き取る脱毛器はどうしても強い痛みを感じます。また、シェーバーでは肌への摩擦は避けられません。

光脱毛の場合は光を照射した際にパチッと輪ゴムで肌を弾かれたような痛みを感じるのみ。

さらに本製品には「肌刺激カットフィルター」と「ダブルランプ」を採用し、痛みや肌へのダメージをより抑える工夫がなされています。

肌刺激カットフィルター
刺激になりやすい光エネルギーを一部吸収するので、ハイパワーでも肌にやさしく光ケアできます。

ダブルランプ連続発光
1回の照射で2本のランプが連続発光。2回に分けて連続発光することで、ハイパワーはそのままに肌への刺激がおさえられます。

パナソニックなら刺激になりやすい光エネルギーをスパッとカットするので、痛みを感じにくくケアできます。

-パナソニック公式HPより

3.使用時に注意したいこと

ここからは「光エステ ES-WP87」を購入・利用する際の注意点について紹介します。

3-1.即時性は無く、継続して使用する必要がある

まず抑えておきたいのは光脱毛には即時的な効果が無いという点。照射してから数日後にポロポロとムダ毛が抜けてきます。

また、光脱毛を行う際には一定の間隔を空けつつ継続的に使用する必要があります。これは毛周期という毛が生え代わるサイクルにおいて、「成長期」の毛にしか光脱毛の効果が出ないためです(詳しくは「毛周期 脱毛」で検索してみてください)。

このように、光脱毛器を使用する場合は中長期的な目線が必要、という点については理解しておきましょう。

3-2.補助アイテムがあると良い

「光エステ ES-WP87」を使用する際は、以下の補助アイテムがあると便利です。

  • サングラス
  • 保冷剤
  • スキンケアアイテム

特に初めての光脱毛の際はサングラスの用意がオススメ。IPLフラッシュの光はかなり眩しく、裸眼で直視するとえらいことになります(筆者は丸一日、目に違和感が残りました)。ですので目の保護のためにサングラスを用意してあると安心して使えます。

また、大きめの保冷剤を用意しておくのもオススメ。ワキやヒゲなど毛が濃く密集している部位は結構な痛みを感じます。そうした場合、あらかじめ保冷剤で冷やしておくと、フラッシュ照射時の痛みを緩和することができます。使用後のクールダウンにも使えます。

照射後の肌をケアする用のスキンケアアイテム(化粧水、乳液、オールインワンジェル等)も事前に用意しておきましょう。

3-3.照射しにくい部位がある

「光エステ ES-WP87」は部位によっては照射しにくい場面があります。

本体に肌検知センサーという機能があり、これが肌に密着していないと照射されない仕組みに。そのため、指やヒザなどのデコボコとした部位には照射がしにくいのです。

ちょっと裏技的に「肌検知センサーを塞いでしまう」という方法を使えば、どんな部位でも難なく照射ができるようになります。とはいえ、公式で推奨された方式ではないため、具体的な方法については別の記事で紹介しています。

4.より高い機能を求めるなら上位機種も選択肢に

「光エステ ES-WP87」はパナソニックの光脱毛器ではベーシックモデルです。剛毛を自称する私でも十分効果を実感できていますが、「もっと早く効果を出したい!」という人には上位機種を手に取る選択肢も有りです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥67,800 (2021/11/28 03:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

上位機種の「ES-WP97」は従来機種にはない「ハイパワー照射モード」機能が新たに追加されています。

ハイパワー照射モード※1の効果
新照射方式採用で、瞬間的な出力を高め、当社光エステ史上最高レベルのパワーを実現。毛に熱エネルギーを強く与えるので、より毛が目立ちにくくなります※3。

価格は多少高くなってしまいますが、目的によっては選ぶ価値は十分にある商品です。

5.まとめ

今回はパナソニックの光脱毛器を紹介しました。価格は少し張りますが、ムダ毛の処理に悩む人にぜひオススメしたいアイテム。継続的に使用すればきっと良い効果を得られるはずですよ。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥40,973 (2021/11/28 02:24:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥67,800 (2021/11/28 03:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です