全てのノート難民に!日本製のNOLTYハードカバーノートが作りが丁寧すぎてオススメすぎる

大学ノートに比べて紙質が良くてページ数が多い、そして何より特別感がある。

こんな魅力からハードカバーノートを愛用している人も多いはず。

かくいう私もバレットジャーナルの実践を理由に使い始めました。

しかし、ハードカバーノートは種類が多彩。それでいて価格も通常の大学ノートと比べ高価です。

そのため、ハードカバーノートは欲しいけど、どれを買ったらいいのかわからない。そんなノート難民になっていました。

今回はそんな中で見つけた最高のノート。「NOLTY」のハードカバーノートを紹介していきます。

NOLTYハードカバーノート

大手手帳メーカーによる特製品

NOLTYと聞いてピンときた人もいるかもしれません。
そう、NOLTYは大手手帳メーカー「日本能率協会」の商品名。

2013年に60年以上のあいだ親しまれてきた「能率手帳」を「NOLTY」と刷新してできたブランドです。

そんな歴史あるメーカーによる特製ノートがNOLTYノートなんです。

日本製で丁寧な手仕事

NOLTYノートはハードカバータイプでは珍しい日本製。

国内工場で職人による丁寧な仕事で作られています。

例えば小口の箔付け。箔付により見た目だけでなく、汚れが付きにくい、ページがよれにくいという効果も期待できます。

NOLTYノートのシンボルである美しい小口の金は、国内工場の職人の厳しい目と手によって生み出されます。
本冊断裁後、金付けがしやすいよう丁寧に断裁面をヤスリがけすることで、表面が滑らかに。
その後、天、地、小口、そして両角の計5箇所をひとつひとつ丁寧に仕上げて、ようやくNOLTYノートの美しい金付けは完成します。

また、手帳メーカーならではと言えるもう一つの特徴。それが筆記面の用紙です。

長年の歴史で培ってきた手帳専用の用紙をNOLTYノートにも使用。どんなペンでも書き味の良さを実感できるはずです。

実際に使ってみた感想

NOLTYノートは二種のラインナップで展開されています。どちらも似た名称ですが、見分け方はカンタン。

能率 NOLTY ノート A5 NHGNB

created by Rinker
日本能率協会
¥2,985 (2019/11/17 07:12:02時点 Amazon調べ-詳細)

小口の箔押しが金色。方眼、横罫、無地の3種から選べます。

日本能率協会 (JMAM) NOLTY方眼ノート(ハード) A5

created by Rinker
JMAM
¥2,750 (2019/11/17 08:32:28時点 Amazon調べ-詳細)

小口の箔押しが銀色。こちらは方眼タイプのみ。

ちなみに私は後者の方眼ノートを使っています。小口の箔押しがまるで鏡のよう!

表紙は布クロス掛けのハードカバー。
サラサラと硬めの質感で、キズや汚れにも強いです。

まさに質実剛健、といった黒色の表紙はビジネスマンにもおすすめ。

また小口の箔押し効果か、毎日持ち歩いてもページがたわんだり、よれたりしません。

さらに小口が汚れずキレイな状態が保たれるのも良いところ。

用紙の書き味も申し分なく、個人的にはほぼ完璧なノートでした。これでようやくノート難民から解放されそうです。

NOLTYノートのまとめ

  • 手帳メーカーによる特製品
  • 日本製のハードカバーノート
  • 作りが丁寧で、使い心地が良い

NOLTYノートを初めて購入したときは、Amazonのユーザレビューがありませんでした。
(ちなみに本記事執筆時点も同様です)

少し不安でしたが、個人的に購入して大正解のノートでした。

メジャーな海外製も良いですが、日本製ゆえの丁寧な仕事で作られたノートもいいですよ。

そんなNOTLYノートは、より良いハードカバーノートを探している人に手に入れてもらいたい商品です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です