【書評】Google式10Xリモート仕事術(ダイヤモンド社) / 管理職の人は読んで!!Googleアプリをフル活用して仕事の効率を上げよう

リモートワークで、なかなか仕事の能率が上がらない…。

そんな人に読んでほしい本を紹介します。

今回はGoogleのアプリをフル活用して仕事の効率をアップさせる。そんな内容のビジネス書「Google式10Xリモート仕事術」の書評です。

書名Google式10Xリモート仕事術
著者平塚知真子
出版社ダイヤモンド社
本体価格1,600円+税
商品コード978-4-478-10920-5

10%改善するより10倍にするほうがカンタン!?Google最高位パートナーが初めて明かすGoogle式10X思考で“リモート弱者”が“リモート強者”に変わる。

本書はGoogleの認定資格を持ち、コンサルタント会社の代表も務める平塚知真子さんによる著作。

書名の「10X」とは10倍と10個のアプリ、という2つの意味があります。

つまり、10個のGoogleアプリで仕事の効率を10倍にアップさせるための活用法について紹介しているのが本書「Google式10Xリモート仕事術」です。

管理職・IT初心者に向けたGoogle活用術

まず初めに結論から。本書は以下に当てはまる人にオススメできる本です。

・リモートワークに悩む管理職の人
・ITツールの活用に慣れていない人
・Googleアプリを仕事で使っていない人

theビジネス書!といった書影とは裏腹に比較的、初心者向けの内容です。

ちなみに、本書で紹介しているGoogleアプリは主に以下の10種類。

アプリ名主な用途
Googleスライドプレゼンテーション
Google カレンダースケジュール管理
Google Meetオンラインビデオ会議
Google Jamboardデジタルホワイトボード
Googleフォーム質問フォーム作成
Googleスプレッドシート表計算(≒Excel)
Googleドライブファイル保管・共有
Google Classroomチーム管理
Googleアカウントアカウント保護
Google Keep多機能メモ

60種類以上もあるGoogleアプリ(こんなにあるとは知りませんでした)から主に使用する10種類に厳選して紹介。

それぞれのアプリの用途から使用方法、実際の活用例など丁寧に解説しています。

ですのでITツールに不慣れな人や、仕事でGoogleアプリを使わない人でも1から理解できる内容チームとなっています。

管理職の人に読んでほしい1冊

上でも書いたとおり、本書は管理職の人にこそ読んでほしい内容。

なぜなら本書は、複数人でGoogleアプリを利用することで仕事の効率を上げる方法について書かれた本だからです。

資料のやり取りや進捗確認など、対面とリモートでは仕事の進め方が異なりますよね。

Googleドキュメントは一つの文書を複数人でチェックでき、Google MeetとJamboardを組み合わせてリモート会議の質を高める、等々、チーム全体を効率化させる手法が紹介されています。

これらITツールの活用(というよりも新しい手法)は部下から上司には勧めにくいもの。ですので、管理職が積極的にこうしたITツールの活用を促すことで、チーム全体の効率を上げることができるはずです。

まずはスケジュールの共有から

個人的にとてもオススメなのがGoogleカレンダーでのスケジュール共有。会議の設定や報告のタイミングなど、チーム内のスケジュールが見えるだけでも仕事の効率は大きく変わります。

私もチームで真っ先に導入したのがこのカレンダー共有。

顕著に効果を感じられたのが、会議の日程調整。従来の方式では、

「1.会議参加者のスケジュールを確認する」→「2.都合の良い候補日を決めて案内」→「3.再度参加者に確認し、会議日程を確定する(1,2の確認中に他の予定が入っている可能性があるため)」

こんな感じで、会議日程ひとつ決めるだけでも結構な手間が掛かっていました。

それが、Googleカレンダーを共有すると、

「1.Googleカレンダーで参加者の予定を確認し会議の案内をする」

調整がたった1ステップで済み、スケジュール調整が驚くほど楽になりました。

私の活用事例を紹介

本書は普段からITツールを活用している私にはちょっと物足りない内容でした。

Googleの思想についての解説がちょこちょこ入ったり、アプリの解説が丁寧すぎる感も。それも初心者向けに書かれた本、というのが理由だと思います。

それでも、本書からは自分が知らないGoogleアプリの活用法を学べた、という点では得るものがありました。

一例として紹介したいのがGoogleドライブの活用法。Googleドライブに保存されたアイテムはすべてキーワードで検索が可能という点です。

ドライブに保存しているファイルは、OCR処理されているため文書内の検索はもちろん、写真の中の文字すら検索することができるのです。

これは正直に目から鱗でした。私は本書を読んでから、備忘録やメール、ホームページなど、いつか使うかもしれないものは全てGoogleドライブに突っ込むようにしています。

パソコン内のファイル検索やメールソフトの検索能力は低く、目当てのものを探すのに時間が掛かっていましたが、そんな悩みからも解放されました。

まとめ

Googleのアプリを使って仕事(主にリモート)の効率を上げる。本書「Google式10Xリモート仕事術」はGoogleアプリの使い方について、ITツール初心者でも分かりやすく解説しています。

私自身、新たな学びを得ることができました。ITツールの初心者、そして管理職の人にはぜひ読んで、実践してほしい本。

リモートワークの能率を上げたい人には一読の価値あり。ぜひ読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です