【邦楽ロック】ポスト東京事変?軽快なギターロックバンド「ポルカドットスティングレイ」

楽曲良し、演奏良し、ルックス良しの3拍子が揃っている邦楽ロックバンド。
今回は「ポルカドットスティングレイ」の経歴と魅力、代表曲について紹介します。

画像は公式HP(https://polkadotstingray-official.jimdo.com/)より

ポルカドットスティングレイとは?

ポルカドットスティングレイは福岡で結成し、2015年1月より活動を開始。
活動開始からわずか2年弱で異例のメジャーデビューを果たしたロックバンドです。

愛称はポルカ。ちなみにバンド名は同名のエイからとったとのこと。

福岡を拠点に何かを企む、超常ハイカラギターロックバンド。2015年活動開始。メンバーの交代を経て、2015年8月、現体制になる。
独特のメロディと歌詞、突き刺さるギターサウンドで、あなたのメンタルを抉っていく。
(公式HPメンバー紹介より)

メンバー構成

ポルカドットスティングレイのメンバーは以下の4人から構成されています。

(Vocal/Guitar)
エジマハルシ(Guitar)
ウエムラユウキ(Bass)
ミツヤスカズマ(Drums)

フロントマン雫の万能感がすごい

ボーカルの雫を中心としたバンドですが、彼女がとにかく超人レベル。
留学経験があり英語が堪能、多くの楽曲の作詞作曲、MV制作、アルバムのアートワーク制作や果ては広報まで手掛けるマルチプレイヤー。
更にはゲーム開発ディレクターの一面も持っているようです。まさにスーパーウーマンとしか形容するほかありません…。

ポルカドットスティングレイの音楽性

軽快なギターロック

ポルカドットスティングレイはツインギターのロックバンド。
四つ打ちのビートを多用することも多く、ロックでありながらノリやすい曲が多いです。

また、最近のロックバンドには珍しくギターソロがあるのも特徴。
ソロパートを入れるだけありギター担当、エジマハルシの演奏スキルはかなり高いです。

ブレスのきいた歌い方が特徴

ヴォーカルの雫のブレスをきかせた歌唱法も特徴であり魅力の一つです。
椎名林檎と比較されることも多いです。見た目もなんとなく似ている気も。
ロックサウンドも相まって、かつて椎名林檎が参加していたバンド「東京事変」を思い起こさせます。

ポルカドットスティングレイおすすめの曲

テレキャスターストライプ


2016年3月に公開され、口コミによって広まったポルカの代表曲。
MVの監督はボーカルの雫。
曲名はバンド名と反対の意味を持つ言葉が組み合わせた造語。まさにセンスの塊。

テレキャスター(エレクトリックギター) ⇔ スティングレイ(エレクトリックベース)
ストライプ(縞模様) ⇔ ポルカドット(水玉模様)

サレンダー


早弾きギターソロあり、グループ感ありのロックな一曲。
あまり比較しすぎても…と思いますが、東京事変の曲と言われても違和感がないかも。
MVの雰囲気も格好良く、個人的推し曲です。

レム


サントリーヨーグリーナとのコラボ曲。
この曲では敢えてなのか、ブレスを抑えた歌い方をしています。
というかポルカは普通に歌わせても普通に上手いと証明した一曲。
ポップなMVも良さげです。ヨーグリーナ飲みたくなります。

「ポルカドットスティングレイ」についてのまとめ

ポルカドットスティングレイは自己ブランディング能力が非常に高いバンドです。

アルバム曲の中の三分の一以上にMVがあり、それも全てフルでYoutubeに公開。
MVのサムネイルは毎回、ボーカル雫のアップです。
更には雫の愛猫ビビをバンドマスコットやグッズにする、ライブチケットには全て通し番号「ポルフェス〇〇(番号)」を入れるなど、例を挙げきれない程。

また、こう記すと身もフタもないですが、
「椎名林檎のソロはそこまで聴かないけど東京事変は好き」
という人には確実に刺さるロックバンドと言えるでしょう。

もちろん演奏力も間違いなく、良い曲だらけのロックバンドです。
気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

ポルカドットスティングレイの公式HPはこちらから
https://polkadotstingray-official.jimdo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です