男の頭皮ケアの第一歩!いまさら聞けない洗髪・シャンプーのしかた

薄毛や抜け毛が気になる…。

頭皮ケアが気になってきた人は、すぐに実践できる普段の習慣を見直してみることをオススメします。

ここでは、洗髪時に気を付けたいポイントをまとめました。

いまさら聞けない洗髪の方法

必ず予洗いする

シャンプー前に頭を軽くシャワーで濡らす、というのは常識ですよね。

これを「予洗い」と言いますが、頭皮や髪の毛に付いた汚れを落としたり、シャンプーが泡立ちやすくする効果があります。

予洗いの時は爪を立てず、指の腹で頭皮をマッサージするように行います。

ササっと濡らすだけにしていた、そもそもほとんど髪を濡らしていなかった。

そんな人はぜひ、シャンプー前に2分~3分程度の予洗いの習慣を取り入れてみましょう。

シャンプーは直接頭皮につけない

シャンプーは手のひらで伸ばしてから付ける。

洗髪時はこれを意識しましょう。

シャンプーの原液をそのまま頭皮に付けると、刺激によって赤みや炎症による頭皮トラブルを引き起こすことも。

これは参考ですが、私は美容師さんから「シャンプーは後頭部から付けるのがオススメ」と教わりました。

男性の薄毛が出やすい額の生え際や頭頂部に強い刺激を与えてしまうからとのことです。

また、洗髪時は髪の毛ではなく、頭皮を揉みこむように洗いましょう。髪の毛をこすり合わせるように洗うと、逆に髪の毛が傷んでしまう原因にもなります。

洗髪とともにマッサージ効果も期待できるスカルプブラシの使用もおすすめです。

頭皮ケアの第一歩!洗髪時にはスカルプブラシを使おう

38℃のお湯で洗う

熱いシャワーには交感神経を刺激するメリットがあります。朝の目覚めに浴びると良い、なんて話もよく聞きますよね。

ですが、頭皮に対して熱いシャワーはNGです。皮脂が過剰に分泌され、頭がベタベタしたりフケが出る原因にも繋がります。

ですので、洗髪時は少しぬるいと感じる38℃前後のお湯で流すようにしましょう。

時間をかけて洗い流す

泡立てたシャンプーはしっかりと洗い流します。時間にして3分以上が目安。

さっと流しただけでは案外シャンプーは洗い流せないものです。洗い残しは頭皮トラブルにも繋がります。

特に後頭部や耳の裏は汚れが残りやすい部分ですので、しっかりと洗い流しましょう。

ドライヤーで「頭皮」を乾かす

風呂上りにタオルドライしてそのまま自然乾燥。

短髪の男性の中にはドライヤーで乾かす習慣がない人も多いかと思います。

自然乾燥だと生乾きで雑菌が発生して頭皮臭の原因になったり、髪の毛に癖が出てしまう可能性があります。

すぐに乾くからと言って自然乾燥はせず、できるだけドライヤーを使用するようにしましょう。

また、ドライヤーを使う時は髪の毛ではなく頭皮を乾かすよう意識しましょう。短髪ならドライヤーを使っていれば意識せずとも髪の毛は自然に乾きます。

まとめ

・はじめに2分~3分の予洗いをする
・シャンプーは手のひらに伸ばしてから使う
・38℃のお湯で時間を掛けて洗い流す
・ドライヤーで頭皮を乾かす

基本的な内容だったため「そんなこと知ってるよ!」という項目も多かったかもしれません。

ですが、毎日行う洗髪習慣の改善が頭皮ケアの第一歩です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

★関連記事

抜け毛・薄毛予防に!男性向けのセルフでできる頭皮ケア方法をまとめました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です