「へレディタリー/継承」をホラー初心者が見た結果(ネタバレ無しの感想)

えらい初体験になりました…。
そう、過去最高の怖さウワサの映画「へレディタリー/継承」を観てきました。

何を隠そう私自身ホラー映画が苦手。ですが、怖いだけでなくゼッタイにネタバレ厳禁。と言った評判に興味を引かれ、勇気を出して鑑賞してきました。

ここでは、そんな私が「へレディタリー/継承」を鑑賞して感じたことを書いていきます。

冒頭からスゴイ

劇場で一人でのホラー映画鑑賞。ドキドキしながら観ていると最初っからド肝を抜かれました。

怖いわけではないんです。 ただ、すごい始まり方をします。

私はこれでグッと物語に引き込まれました。
初めて見たカットでしたが、何かオマージュ先があるのでしょうか。かなり、衝撃的です。

音が怖い

へレディタリーは 音楽・効果音の使い方が非常にうまい映画です。
ホラー映画でイメージする突然の大きな音や、叫び声、と言った演出はほとんどありません。

劇中では響くズーン… という重低音。 そしてかすかに響く不協和音。

これらの音が少しづつ大きくなってくる。これが、本当にイヤ〜な感じなんです。

また、それ以外にも、劇中ある小さな音も効果的に使われています。
私は観ている間中、終始あの音に怯えていました…。

行き先がわからない不安さ

「この物語はどこに向かっているんだ?」

「えっ?そっちの方に行くの?」

ストーリーの行く先、結末が読めない。この不安がより恐怖を煽ります。
これが「へレディタリー/継承」がネタバレ厳禁となっている一番の理由です。

正直エンディングまで見終わるとそこまでに複雑なストーリでないことがわかります。

ですが、劇中はどこに転ぶかわからない不安を常に感じることになると思います。事前情報はあまり入れずに、この感覚を味わってほしいです。

「へレディタリー/継承」を観たホラー映画初心者の感想

鑑賞中は「怖い!けど面白い…いや、やっぱり怖い!」
鑑賞後は「何かとんでもないものを見てしまった気がする…。」

こんな感想を持った映画でした(ネタバレ無しだと語彙力が0になります)。

いわゆる驚かし系のホラー表現は控え目。なので、ホラー映画初心者でも(ギリギリ)大丈夫。

また、見終わったあとの物語のネタバレ・考察も楽しみの一つ。
※公式サイトに鑑賞後の解説ページがありますので、ぜひ見てみてください。

ホラーが苦手でも、ぜひ劇場の大画面・大音響で観てほしい!

怖すぎる!けれど人におすすめしたい。「へレディタリー/継承」はそんな映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です