男だからこそ!酵素洗顔で一段上の肌ケアを!「オバジC酵素洗顔パウダー」レビュー

顔は日常でもっとも見られる部位。
特に肌の清潔感は、そのままその人の印象に影響します。

当然ながら顔の肌を整えるには日々の洗顔が欠かせません。そこで今回は一段上の効果が期待できる酵素による洗顔「オバジC酵素洗顔パウダー」のレビューをしていきます。

男だからこそ!酵素洗顔で一段上の肌ケアを!「オバジC酵素洗顔パウダー」レビュー

オバジ(Obagi)について

製品名オバジC酵素洗顔パウダー
メーカーロート製薬
ジャンル洗顔料

オバジ(Obagi)とはロート製薬のスキンケアブランド。スキンケア研究者オバジ氏による皮膚科学※1を基に商品を展開しています。

※1オバジ氏が提唱するのがSHR理論、皮膚の表面だけでなく内部にも着目した皮膚科学です
参考 Obagiについてロート製薬

酵素洗顔の効果

酵素の力である「タンパク質分解」「脂肪分解」を利用した洗顔方法。毛穴の黒ずみや肌のざらつきを解消しなめらかな肌に導く効果が期待できます。

いわゆる通常の洗顔方法よりも古い角質を落とすことができ、ターンオーバー効果が期待できるようです。

参考 毛穴の開きが気になる時の酵素洗顔の活用法Duo公式サイト

「オバジC酵素洗顔パウダー」レビュー

オバジCは30回分の洗顔パウダーが入っています。一回当たりの使用量が決まっているのは意外と楽です。

この小さな容器に入っているパウダーを泡立てて使用します。

1回分のパウダーは0.4gとわずかな量ですが思っている以上に泡立ちます。洗顔中も刺激を感じることはほぼなく、洗い上り後もつっぱる感じはありません。

ただし、刺激は少な目でも酵素の力で古い角質を落とした状態。つまり肌は敏感になっていますので、化粧水や乳液でのケアは必要です。

また、人によっては洗顔後に一段トーンが明るくなったように感じるかもしれません。普段からしっかりと洗顔する習慣がない人は特に。

酵素洗顔をする際の注意

通常の洗顔料よりも高い効果が期待できる酵素洗顔。ですが、効果が高いだけに使用時に注意したいポイントがあります。

酵素洗顔で気を付けたいこと
・ゴシゴシと洗わない
・洗顔後の保湿は必須
・毎日使用しない
・できるだけ夜に行う

まず洗顔方法全般に言えることですが、基本的に指を肌に付けないように洗います。しっかりと泡立てて、泡同士をこすり合わせるように洗顔します。また、洗顔後は古い角質が取れ、肌が敏感な状態になっています。ですので、化粧水や乳液・クリームで保湿をしましょう。

使用頻度も注意したいところです。酵素洗顔は古い角質を分解するため、毎日使用してしまうと逆効果になってしまいます。使用頻度は週に1回~2回程度に抑えるのがオススメ。また、敏感になった肌に紫外線や野外のホコリなどは良い影響を与えません。そのため酵素洗顔はできるだけ夜に行うようにしましょう。

まとめ

はじめでも触れましたが、顔はもっとも人に見られる部位の一つ。健康的な肌は即印象アップにつながります。

ここで紹介した「オバジC酵素洗顔パウダー」は約2,000円。少し高めに感じるかもしれませんが、一回あたりに換算すると約65円です。週1回の使用だとおよそ半年分。こう考えると結構コスパも良いかもしれません。

より健康的な肌を手に入れるために、いつもの洗顔習慣とともに酵素洗顔も試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です