「モレスキンは高い」という人におすすめ!コスパ良し、無印良品のハードカバーノート/実際の使用感も紹介

「ハードカバーノート」が欲しい、けれど高い!

通常のノートに比べて耐久性があり便利に持ち運べるのが魅力なハードカバーのノート。

記録用だけでなく、手帳の代わりに使っている人も多いですよね。しかし、どうしても値段が張ってしまうのが困ったところ。

例えば、ハードカバーノートの代名詞「モレスキン」は3,000円前後の価格。他のメーカーのノートでも2,000円以上はするのが普通です。

created by Rinker
Moleskine(モレスキン)
¥2,929 (2019/10/22 17:14:55時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、なんと1,000円以下で品質もしっかりしたハードカバーノートを発見しました。

今回は初めてのハードカバーノート入門に最適な「無印良品のハードカバーノート」を紹介します。

無印ハードカバーノートの概要

スペック
大きさ:A6  150mm × 108mm × 13mm
頁枚数:96枚
その他:ハードカバー 6mm横罫
価格:800円(消費税込)※2019年2月時点

先に言ってしまうとこの無印のノート。個人的に残念なところが2点があります。

それは、「サイズがA6判に限られている」、「ページタイプは横罫のみ」という点。

特に横罫だけでなく、方眼紙タイプがあれば尚良かったです。

とは言え、ハードカバーノートで1,000円を切る商品はそうそう見当たりません。この辺りはコスパの良さと引き換え、といったところでしょう。

実際の使用感

開いてみるとカバー裏も黒色で統一。細部のデザインにも気を使っている様子がグッドです。

ノートの用紙部分は上質紙。サラッとした手触りで、滑らかに書き込めます。

ページもしっかり綴じられており、筆記時もストレスを感じません。ページ枚数も96pと充分な枚数になっています。

少し気になっていた方眼タイプではないという点。これも実際に使っていると特に不便には感じませんでした。

まとめ


ハードカバーのノートに興味がある。けれど、いきなり数千円もするノートを買うのはちょっと気が引ける。

そんな人は初めに無印のノートを選んでみてはいかがでしょうか。

ぜひ、無印良品の文房具売り場で探してみてください。

お近くの店舗に見当たらなければ、公式サイトを参照してみてくださいね。

無印良品公式HP「上質紙滑らかな書き味ハードカバーノート A6・96枚・6mm横罫」

★関連記事

全てのノート難民に!日本製のNOLTYハードカバーノートは丁寧すぎる仕事が光る良品でオススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です