とにかく軸が細い!コンパクトな多機能ペン「バーディスイッチ」

軽くて、軸が細くて、それでいて多機能なペンが欲しい。

そんな人はぜひここで紹介するペンを手に取ってもらいたいです。

軸が細く、デザインもシンプルで洗練されているカッコイイ多機能ペン。

それが「バーディスイッチ」です。

軸がとにかく細い!スタイリッシュな形状

冒頭でも記しましたが、このバーディスイッチは軸がとにかく細い!ここが一番の推しポイントです。

またシルバーのメタリックカラーも良い。

長さも12センチと少し短め。コンパクトに持ち運べるのも良い点です。

多機能ペンで一番軸が細い!

実はほぼ同じ形状のバーディという商品も存在します。こちらはボールペンのみの単機能ペン。

created by Rinker
Pilot
¥306 (2019/10/21 21:52:14時点 Amazon調べ-詳細)

それに対しバーディスイッチは、スイッチ(=切り替える)の名の通り、シャープペンシル+ボールペンの多機能ペンなのです。

シャープペンシルや様々な色を一本で賄える多機能ペン。便利ですが、個人的に苦手なポイントがあります。それは、どうしても軸が太くなること。

それら多機能ペンに対し、このバーディスイッチの横幅はわずか0.7mm。おそらくですが、多機能ペンの中では圧倒的な軸の細さとなっています。

 

バーディでは消しゴムが付いている部分。

このパーツを外すとボールペンが出てきます。

 

だだし、メイン機能はシャープペンシル。

ポールペンはペン先が短いため、あまりインクが長持ちしません。あくまでサブとして使うことをオススメします。

まとめ

多機能ペンの中では圧倒的な軸の細さ!

軸の細さに使い始めはとまどうかもしれません。

ですが、バーディスイッチの魅力はこの軸の細さに尽きます。

created by Rinker
PILOT
¥394 (2019/10/21 21:52:14時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクトサイズのため、いつも使う手帳やメモ帳用にもピッタリです。

気になった方はぜひ手にとってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です