飲み会の【当日の詳細】を伝えるための案内文例集

飲み会の詳細を案内する際に使える文例集です。
ここでは案内時に必要な7項目と文例を紹介しています。

また、参加者お店を伝える時のちょっとした小ワザも紹介しています。

案内時に必要な7項目

飲み会の詳細を伝えるときは、以下の7項目を忘れずに伝えるようにしましょう。

・日付
・時間
・店の名前
・店の場所
・会費
・欠席連絡の締切日
・その他連絡事項

案内文例

具体的な文例を2つ記載します。
一部改変して使ってもいいですし、そのままコピペしても構いません。

カジュアルな会

各位

 

お疲れさまです。〇〇課の〇〇です。
先日ご案内した〇〇〇〇の会の詳細が決まりましたので、お知らせします。

 

■会の詳細
日付:〇月〇日
時間:19:00〜21:00
場所:〇〇〇〇(お店の名前)
URL(お店の場所)
会費:5,000円

 

■お願い事項

・会費は事前に〇〇までお願いします
・万一、都合が悪くなった場合は〇日までにご連絡ください

 

お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

少し堅めの文章にする場合

各位

 

お疲れさまです。〇〇課の〇〇です。
先日ご案内した〇〇〇〇の会の会場が決まりました。
詳細を以下にご案内いたしますので、ご確認ください。

 

■会の詳細
日付:〇月〇日
時間:19:00〜21:00
場所:〇〇〇〇(お店の名前)
URL(お店の場所)
会費:5,000円

 

■お願い事項

・会費は前日に徴収に上がります
・万一、都合が悪くなった場合は〇日までにご連絡ください

 

お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

お店の場所はGoogleMapsで

食べログやホットペッパーのURLを案内する人も多いと思います。
ですが、お店の場所を伝える際は、GoogleMapsのURLにて知らせるのをオススメします。

使いやすいというのが一番の理由。また、料金や口コミが載っているURLを案内するのは無粋とも言えるでしょう。
気になる人は勝手に調べますし、敢えてこちらから伝える必要はないですよね。

また、お店独自の公式HPがあるようであれば、そちらを案内しても構いません。

飲み会の一週間前にはリマインドを(文例)

お店の連絡から飲み会当日まで日程に余裕がある場合。リマインドの連絡をするようにしましょう。

リマインドの文例

詳細の案内から飲み会当日まで2週間以上時間が空いている時。そんな時はリマインドをするようにしましょう。

既に案内しているのに、

「あの飲み会っていつやるんだっけ?」

と言い出す人、結構いるんです…。

各位

 

お疲れ様です。〇〇課の〇〇です。
先日ご案内した〇〇〇〇の会のお知らせです。

開催1週間前となりましたので、念のためリマインドメールをお送りします。

 

■会の詳細
日付:〇月〇日
時間:19:00〜21:00
場所:〇〇〇〇(お店の名前)
URL(お店の場所)
会費:5,000円

 

■お願い事項

・会費は前日に徴収に上がります
・万一、都合が悪くなった場合は〇日までにご連絡ください

 

お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

まとめ

・必要な6項目を簡潔に伝える
・お店の場所はグーグルマップで案内
・飲み会の一週間前にリマインドをする

飲み会の詳細を伝える際には、この3項目に気を付けて案内を進めてみましょう。

案内が終われば後は当日までの準備を行うだけです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参考になれば幸いです。

★関連記事

【完全版】飲み会幹事の仕事マニュアル/準備から店選び、当日の動きまで全て解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です